コロナ支援策:中小・小規模事業者向け有益サイトご紹介

コロナ支援策:中小・小規模事業者向け有益サイトご紹介診断士活動
スポンサーリンク

本記事では短信という形で、新型コロナウイルス感染症に関する中小・小規模事業者向けの保証や融資に関して有益情報を配信しているサイト様をご紹介させていただきます。

本来であれば中小企業診断士の端くれである私自身がしっかりと中小企業、小規模企業様向けの情報を整理し、支援すべきであると考えております。ただ私自身も会社員であり本業にも様々な影響が及んでいるため、満足に活動できていない状況です。

言い訳がましく、大変恥ずかしい限りでありますが、少しでも中小企業の皆さま、また支援活動を行っている中小企業診断士の方々に、有志の方々がまとめている有益な情報を紹介したいと考え、本記事をまとめました。

それでは、どうぞ。

本記事で紹介している各サイトは2020年4月20日時点のものです。

経済産業省の公式ページ

まずは経済産業省の新型コロナウィルス感染症の公式情報です。すでにご存じの方も多いと思いますが、日々アップデートされますので、適宜ご確認ください。

新型コロナウイルス感染症関連:経済産業省の支援策

新型コロナウイルス感染症関連 (METI/経済産業省)

持続化給付金に関しても最新状況や説明動画などもアップされておりますのでご確認いただければと思います。

また活用可能な制度を検索したい場合は「ミラサポPlus」サイトからも検索できます。

制度集 - 制度を探す(制度ナビ)|経済産業省 中小企業庁 ミラサポPlus

有志による参考ページ

現在、色々な企業、団体、士業の方々が中小企業、小規模事業者向けの融資制度や保証制度についてまとめてくれています。その中で、私自身わかりやすいと感じたサイト一部ではありますがをご紹介します。

Startup List様:新型コロナウイルス対策ページ

まずご紹介するのが、Startup List様のホームページでまとめられている新型コロンウイルス対策融資・保証のまとめページです。

新型コロナウイルス対策融資・保証まとめ最新版(2020年7月3日更新:追記あり) | Startup List
この記事は2020年3月30日に公開した記事ですが、2020年6月12日の第二次補正予算成立により拡充された経済産業省の新型コロナウイルス感染症関連の支援策の内容を追記・修正するリライトを行い、2020年7月1日の拡充制度の施行に合わせて再度公開したものです。

特に『新型コロナ対策制度シミュレーション』という形で、ご自身の企業でどのような融資や保証を受けることができるか確認できるのが非常に素晴らしい点です。

まずは全体像を知りたいと考えている方、中小企業診断士としてご説明する方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

TKC様:新型コロナウイルス緊急資金繰り対策コーナー

続いては株式会社TKC様がホームページまとめてくださっている『新型コロナウイルス緊急資金繰り対策コーナー~政府等の企業向け支援策一覧~』です。

新型コロナウイルス 経営支援情報・資金繰り対策コーナー
新型コロナウイルスの影響を受け、国や政府系金融機関が、中小企業の休業手当・賃金等の3分の2を助成する「雇用調整助成金」や、一般保証とは別枠で最大2.8億円を保証する「セーフティネット保証」等の各種支援制度を講じています。 また、支援制度を適用可能な中小企業者の範囲や助成割合などに多くの特例措置が設けられています。つきま...

国や政府の支援策だけでなく、都道府県や市区町村の支援策や金融機関の支援策まで一覧でまとまっています。非常に助かるサイトです。

洞口智行様:ほらっちチャンネル(Youtube)

最後にご紹介するのが中小企業診断士の洞口智行様が開設しているYoutubeチャンネルである「ほらっちチャンネル」です。

ほらっちチャンネル
ほらっちチャンネルをご覧いただき、誠にありがとうございます。 ここでは、経営コンサルタントの国家資格とも言われる中小企業診断士に関連して、受験制度や学習のポイントだけでなく、資格の魅力や実務、経営のお役立ち情報 等についてもご紹介しています。 診断士に受験資格はありません。学歴も国籍も関係なく、誰でもチャレンジでき...

こちら中小企業診断士試験の勉強方法などの動画も出していただいておりますが、「持続化給付金」や「補助金」についての解説動画もアップされております。

本サイトはWordPressでの収益サイトに分類されるため、直接動画を埋め込むことはできませんが、上記のチャンネルURLや以下から動画を確認ください。

>>【4月11日時点】持続化給付金のポイント
>>【4月15日時点 続報】持続化給付金の手続き等
>>【令和2年4月】持続化「補助金」の概要
※2020年4月20日時点

今後も解説動画が増えていくと思いますので要チェックです。

番外編:Zoomの活用について

最後に番外編として簡単にオンライン会議が実施可能なZoomをご紹介します。

こちら場所を選ばないのはもちろんですが、PC・タブレット・スマホなど利用可能なビデオ会議ツールです。昨今、オンライン飲み会などに使われるなど話題になっています。

以下、Zoom公式サイト(日本語ページなのでご安心を!)

ミーティング

簡単な打ち合わせや、それこそ中小企業診断士への相談の打ち合わせなどもこちらで実施することが可能です。

以下の記事は研修をZoomでやったときのポイントがまとめられた記事ですが、設定方法や注意点などもまとめられておりますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

しむしむ様:『オンラインzoom研修を成功させるための17の視点〜2日間の研修をzoomでやり切って見えてきたこと〜』

オンラインzoom研修を成功させるための17の視点〜2日間の研修をzoomでやり切って見えてきたこと〜|志村智彦/オンライン研修プロデューサー|note
10/12 追記:【zoom研修の記事をリリースして反響をいただいております】 ●オンライン研修を成功させる学習設計の37の視点を追記しました。 ●2週間で5万PV、8月末時点で8万PVになりました。 ●1ヶ月で有料記事を120名以上の方にご購入いただきました。 ●人事業務に役立つ情報メディア HR noteに取材頂き...

注意点としてはZoomが非常に注目されているため、サイバー攻撃の標的にされている問題です。ただ、こちらに関してはZoom側の対策も進められておりますし、どうしても心配という方はZoom意外にもSkypeなどを利用する事でオンラインでの会議や相談が可能になります。

対面のリスクを減らす、働き方改革を進めるきっかけにもなりますので、まずはトライしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

本記事では短信という形で、新型コロナウイルス感染症に関する中小・小規模事業者向けの保証や融資に関して有用な情報を配信しているサイト様をご紹介しました

このような形でしか情報をお届けできない自分自身のふがいなく思いますが、それでも何もしないよりマシかなと考え本記事を作成しております。

今回取り上げた情報はほんの一部であり、様々な企業・団体・士業の方々が有益情報を提供してくださっているので、ぜひ色々情報収集してみてください。

苦しい時期が続くとは思いますが、みなで乗り越えていきましょう!

それでは、また!

おまけ(学習記録)

記事のおまけとして、記事投稿日の当時の学習記録を記していきます。
受験生の道しるべになれば幸いです。

・日時  :2015年4月20日(月)  勉強開始から「134日目」
・勉強時間:5.0H(通勤時間勉強:2.0H)
・トータル:592.0H
・勉強内容:企業経営理論、過去問フィードバック
 (いずれもTAC問題集)

1次試験、2次試験関連の記事はこちら
>>中小企業診断士 1次試験の攻略法 独学者様に向けて
>>中小企業診断士 2次試験の攻略法 独学者様に向けて

勉強の息抜きにはこちらを^^
>>中小企業診断士試験の息抜きに! 雑記まとめページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました